健康寿命が大切!質の高い人生を楽しく送る!人生は一度きり!!

医療業界での知識をいかして健康と病気と美容について書いています。趣味の旅行についても少し。

白い透明肌の作り方 一番大切なこと 

白い透明肌の作り方 一番大切なこと

 

 

 

肌を白く美白になるには保湿が大切です。

 

ファンデーションをぬっても肌が汚いことありませんか。

それは土台が出来ていないからです。

土台の基礎となるのが普段の保湿です。

 

新垣結衣など透明感といって浮かぶ女優の方々は土台がしっかりしています。

正直こういった透明感のある肌をもつ女優の方々はプライベートはすっぴんのことが多いのではないかと思います。

また、テレビに出る前にメイクをする時も、化粧前の化粧水などの保湿に使う時間が長いそうです。

 

基本的なことですが肌のターンオーバーがしっかりされなければトラブルのない白い肌になるのは難しくはないのではないでしょうか。

 

美白の基本、保湿は肌のターンオーバーをするのに大切なことです。

化粧水をつける際にただ塗るだけになっていませんか。

 

肌を白くするには、まず第一に肌の状態をよくする成分が入っている化粧水を使うことです。

化粧水はほぼ水分です。

お風呂やプールに長いこと使っていると乾燥したりふやけたりした経験ありますよね。必要な成分の入っていない水分は保湿どころか必要な成分までも水分と一緒に逃がして生きます。ヒアルロン酸セラミドアミノ酸など成分を確認してから使いましょう。

また、化粧水をしっかり浸透させないと沢山の化粧水を使ってもすぐに蒸発してしまいます。化粧水を手で十分に温めると浸透力が格段に上がります。

 

そしてその浸透力が上がった化粧水を手で押し当て顔を保湿するとしっかり浸透します。しばらく手で暖め、顔につける時もしばらく手を置き暖めて浸透させましょう。

 

時間段祝や化粧水をむらなく肌に入れたい時は、美顔器が効果的です。美顔器は本当に奥まで入るので、化粧水の添加物に注意してください。私は乾燥の気になる時は、ハトムギ化粧水を美顔器で入れた後、通常の化粧水を手で入れています。

美顔器は高くて買うのに抵抗がある人が多いと思いますが、個人的には多機能なものを1つ持っておくだけで肌の調子が変わります。

あれだけ色々な種類の美顔器が売られ続けているのにはわけがあるのですね。

 

出先での保湿には化粧水や乳液を持ち歩いてケアするのもよいと思います。

車や建物の中の冷房や暖房は乾燥します。

お手洗いに行った際に、普段の洗顔後の手入れとは別にこまめに保湿をすると肌が整いやすいです。

 

 産毛の処理はしていますか?

 

産毛をケアしない人は意外と多いと思いますが、スキンケアの面で言えば、産毛がない方はスキンケアをしたときの密着度が上がり化粧ノリも良くなります。

剃る時はクリームをのせ、剃った後はきちんと保護することを忘れずに。

最近では脱毛サロンで顔の脱毛をする人が珍しくないのはこういったことがあるからですね。

脱毛をすると肌の色もトーンアップします。

クレンジングは顔にかなりの刺激を与えるのでできるだけぬるま湯洗顔、化粧落としはミルクやクリームタイプなど過剰に落としすぎないケアが必要です。

 

個人的にお風呂の中で洗顔せずあがった後に洗面所で洗顔がいいと思います。

その方が熱いお湯で肌の油分が持っていかれにくいからです。

また、すぐに化粧水で保湿できます。

 

私の祖母は70歳で亡くなりましたが、化粧をしなくても綺麗な肌をしていました。

祖母のしていたことは保湿と紫外線対策の2つだけです。

 

祖母からは若い頃から基礎化粧品はけちらずに使うように言われており、私もトラブルしらずの肌でファンデーションをしなくてもばれないことが多いです。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング