健康寿命が大切!質の高い人生を楽しく送る!人生は一度きり!!

医療業界での知識をいかして健康と病気と美容について書いています。趣味の旅行についても少し。

オーストラリアの交通ルール 旅行はレンタカー 

オーストラリアの交通ルール 旅行はレンタカー 

 

オーストラリア 個人旅行はレンタカーがおすすめです。

 

国際免許を日本の免許センターで発行してもらい、オーストラリアの空港でレンタカーを借りました。

 

車の運転はオートマ車でロータリー式交差点で基本信号がない以外はほとんど日本と変わりません。この交差点と信号だけ気をつければ、後は日本とそれほど違わないので実際に運転して困らなかったので問題ないのではないかと思います。

 

(ロータリー式交差点の抜け方)

オーストラリアの交差点の大きな特徴は大きなロータリー式交差点です。右側から入ってくる車が常に優先なので、自分の運転している車が進入する際は右側だけを確認すれば大丈夫です。進入したらロータリーを回りながら右手に見える車を優先し、自分の入りたい方向の道へと入ります。なおロータリー式交差点を抜ける際にはウインカーで抜けるむね後続車に知らせることが必要です。

(信号のみかた)

信号のある交差点には、通常「LEFT TURN ON RED PERMITTED AFTER STOPPING]という標識があり、前方の信号が赤でも一時停止後は左折が許可されています。

信号の色で「黄色」は「止まれ」という意味です。急ブレーキをかけて追突のおそれがある場合のみ、交差点への進入が許可されています。

 

速度制限に関して

 

スピードメーターの表示も日本同様、km/hです。

途中に日本と同様に出てくるスピード標識も基本的に日本と同じと考えて大丈夫です。

 

(おおよその目安)

モーターウェイの制限速度 時速100~110キロ

一般道では田舎道 100キロ

市街地周辺 80キロ~60キロ

スクールゾーン 40キロ

一部ハイウェイでは、制限速度無しのところもある。

 

スピード違反の取り締まりは結構厳しく、日本と同様にオービスによる監視も行われており、後日レンタカー屋さんを通して連絡が来ます。

(スピード違反罰金の金額)

15キロ未満のオーバーでA$77

16~30キロオーバーでA$231

31~45キロオーバーでA$590

46キロ以上のオーバーでA$1589

 

駐車に関して

 

主要都市の中心部を除きほとんどの路上駐車スペース、公共駐車場は無料です。

またショッピングセンターなどの駐車場ももちろん無料。

都市部や有名観光地などでは、路上駐車スペース、公共駐車場にはかならずパーキングメーターがあり、最大駐車時間の規定もあります。

最近ではパーキングエリアの一角に駐車チケット販売機が設置されているケースが多く必要時間分のチケットを購入し、車のフロントドアの内側(ダッシュボード上)にチケットを見えるように置いておきます。

この時間分を超えないように注意しましょう!

駐車違反に関しても他の違反同様にレンタカー会社を通して罰金の請求があります。

 

ルールを守ってオーストラリアの広大な自然をドライブしましょう!

 

都心以外は車も少なく駐車も楽です。

途中野生のコアラが見られる森や牧場には野生のカンガルーが来ていたり、海沿いには美しい海岸と素敵なお店があります。

f:id:kenkoudearitai:20171207212324j:plain

 

面積が広くて回りきれないオースラリアだからこそ自由きままな旅を楽しんでみてはどうでしょう。

 

食事は日本と比べて割高でボリューミーです。昼で2000円したり。朝市で食事を買うと比較的安くなるます。

f:id:kenkoudearitai:20171207212204j:plain

 

比較的治安のよい国なので安心して楽しめると思います。

親切な人が多いです。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング