健康寿命が大切!質の高い人生を楽しく送る!人生は一度きり!!

医療業界での知識をいかして健康と病気と美容について書いています。趣味の旅行についても少し。

髭剃りシェーバーの選び方!買い替えやプレゼントの機会に知っておこう!

髭剃りシェーバーの選び方!買い替えやプレゼントの機会に知っておこう!

 

長く使うからこそよいものを!

 

 

シェーバーには沢山の種類があり、最新のものは不器用な人でも剃り残しなく使いやすいそうです。

 

■シェーバーを選ぶポイント

自分のヒゲを知る。濃いか薄いか、肌が弱いか強いかで、適したシェーバーを判断

 

深く剃れる  = 肌は傷つきやすい   

早く剃れる  = 本体が高い・音がうるさい・手入れが複雑    

本体が安い = 剃りが遅い・維持費が高い     

全自動洗浄 = 価格・維持費は高い

高価な製品は、替刃も高価です。

最終的には、好みの問題ですね。

 

■カミソリ 対 電気シェーバー

カミソリ 

 ・カミソリが直接肌に当たるので、一番深剃りできる  

 ・肌を傷つけやすい

 ・シェービングフォームを塗る手間がかかる

 ・使い捨てならば、メンテ不要

 ・替刃やシェービングフォーム代がかかる(維持費がかかる)

 ・価格が安いため、20代の6割が使用

 

電気シェーバー 

 ・手軽にどこでもすぐに剃れる

 ・何回も往復しなければ剃れない

 ・肌に優しい

 ・値段はいろいろ(基本的に本体も替刃も高い)

 ・充電が必要

 

■往復式シェーバー Foil shavers

 ・標準的で最も普及 

 ・3枚刃以上は面積が広いので早剃りできる(圧力分散で肌にも優しくなる)

 ・外刃が極薄である構造上、肌への負担はある(カミソリ程ではない) 

 ・外刃をぶつけてデコボコになると、外刃が割れて肌を傷付けてしまう

 ・上下に動かして剃るだけで簡単

 ・3枚刃以上になるとトリマーがあり、くせ毛をすくい上げるように剃り残しが減る

 

■回転式シェーバー   Rotary-head shavers

・外刃が構造上、厚めになっており、肌には優しい(カミソリ負けが多い人には良い) 

・深剃りは苦手で、ヒゲが濃い人は、往復式シェーバーより時間がかかる

・くせ毛や長めのヒゲは、構造上、往復式シェーバーよりも速く捕まえる 

・外刃が厚いので、割れにくく長持ち、比較的安全

・丸く動かして剃るのが特徴(慣れるまで面倒)

 

■電動シェーバーを選ぶポイント (3大メーカー)

 

, パナソニック

深剃りと肌の優しさを両立。日本人向け製品。シェービングスピードが速い。

パナソニック社製品は、そり味が優しいフィリップスと、深剃りが得意なブラウンに対して、

ほぼその中間、言い換えれば「いいとこ取り」な製品を出しているメーカーだと言える。

 主要商品: ラムダッシュ

 

, ブラウン(ドイツ)

深剃りが最も得意で、クセ髭にも強い。シェービングスピードはパナソニックに次ぐ速さ。  2005年まではジレットの子会社だったが、P&Gによるジレット買収に伴い同社の子会社へ。

 

   主要商品: シリーズ1~9

 

, フィリップス(オランダ)

深剃りはイマイチだが、そり味が最も優しい。シェービングスピードは2社に比べて遅い。

世界シェアNO.1

 主要商品: 9000シリーズ

 

各社、より深く剃れて、しかも肌にやさしいという機能を両立させるべく新商品を開発中です。

 

シェーバー 略年表

1970年代  旧松下電工(現・パナソニック)は、フィリップス社の刃を使った

        「ナショナル フィリシェーブ」を販売

1995年    パナソニックが初めてリニアモーターを採用

                「リニアスムーサー」 ⇒ ストローク数が大幅に上がる

2007年    パナソニックが「4枚刃」シェーバーを発売  「ラムダッシュ

2010年   20代層は安いカミソリで風呂剃りをすることが多いことが分かり(P社調べ)、

       各社は電気カミソリの「防水」という表記を「風呂対応」と書き変え、

        5,000円~10,000円の商品も揃えるようになった。

      

        パナソニックがCMで「風呂剃り」をアピール、出荷が3割増

2012年秋  フィリップスも「風呂ぞり」CM展開 出荷が2.5倍増に  

2013年   CMを見た若者がツイッターなどで発言することが増え、「風呂ぞり」は定番に

2013年春  「ブラウン クールテック」 

              冷蔵庫と同じ原理で、剃りながら瞬時に肌を冷やし、ヒリヒリを抑える

 

Q1. ヒゲがいちばん伸びる時間帯と季節は?

 

一日のうちで一番伸びるのは朝方で、午前6時から10時ごろまで。反対に昼間はいちばん伸びが悪く、夕方からまた少し伸びてくる。深夜になると徐々に伸びが悪くなってくる。

季節毎に見ると、ヒゲは秋に最も良く伸びる。9月をピークにして下がり始め、2月が最低。春からまた伸びが大きくなる。この原因はまだよく分かっていない。

 

Q2. 体調とヒゲの状態の関係は?

 

ヒゲの成長や状態はそのときの体調によって大きく左右される。栄養不足

や運動不足の時は伸びが速くなる。逆に健康で、日光のもとでスポーツ

をしていると、ひげの伸びが抑えられることが多いらしい。

また、健康な人ほどヒゲにツヤがある。このように、ヒゲによってある程度、

体調の診断にも活用出来る。

 

ヒゲを剃るのに最適な時間はいつ

 

(朝)

肌の疲れが回復し、張りのある状態になっているので、血が噴きにくくヒゲ剃りには適しています。

(夜)

浴室でヒゲを剃る ⇒ お湯で柔らかくなり、気分的にもすっきりするが、

前述したように、ヒゲは朝6時ごろから10時ごろまでが最も伸びるため、

翌日の昼頃にはヒゲが伸びてしまいます。

 

剃り残しをなくすには

眉毛用のシェーバーで残ったひげを剃りましょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング