健康寿命が大切!質の高い人生を楽しく送る!人生は一度きり!!

医療業界での知識をいかして健康と病気と美容について書いています。趣味の旅行についても少し。

アイフォンiPhoneの画面下にキーボード出たまま消えない

アイフォンiPhoneの画面の下にソフトウェアキーボードが出たまま消えない現象が起こった時の対処方法

 

iPhoneをいじっていると画面下にキーボードが出たまま消えなくなることがあります。

 

私もたまに悩まされていました。

キーボードが消えないと画面が半分見えなくなって通常通りの操作が出来なくなります。

恐らくその状態でこのページにつくことは中々ないとは思いますが。

一度直っているか、別の携帯がパソコンで調べていると考えて記述します。

 

さっそく1番手っ取り早い対処方法を紹介します。

すでに実践されている人もいるかもしれません。

 

iPhoneの電源ボタンを一回押してスリープ状態にしてもう一度つけましょう。

そうするといつもの立ち上げのパスワードを入れる画面になり、パスワードを入れるとキーボードが消えたいつものトップ画面が出てきます。

これでしばらくキーボードは出てきません。

 

再度キーボードが出てきてしまった時には、もう一度電源ボタンを一回押してスリープにして立ち上げるのやり直しです。

 

この操作をしていると、キーボードがいつの間にか出てこなくなります。

私は毎回この方法をしています。

他の方法もあるようですが、1番簡単ですぐに悩みが解決するからです。

 

原因はわかりませんが、恐らく落としたか何かした時に、少し中が壊れてしまっているのか、バグっているのかもしれません。

 

ほぼ完全に治すには面倒ですが、iPhoneをリセットすると良いそうです。

リセットの方法がご存知の方もいるかと思います。

 

リセット前の注意点がありますので、リセットする時には準備をしましょう。

リセットする前に大切なデータはパソコンなどに移しておいてください。

また、LINEの移行前の設定もしておきましょう。この他のアプリで移行準備が必要なものがあればそちらも済ませておきましょう。

 

《リセットのやり方》
リセット前の準備が出来たらいよいよリセットをします。

ホームボタンと電源ボタンを同時に長押しすると電源が切れます。

そのまま押しているとAppleのりんごのマークが出ますので、指を放してください。これでリセット完了です。
立ち上げた後は初期にした設定をしてもらいます。

非常に簡単ですが、リセット前の準備が面倒です。

 

iPhoneの画面下にキーボードが出た時には、電源を入れ直すか、リセットするかの2択が比較的簡単な対処方法です。

 

それでも直らない時は、時間がかかりますが、アップルの相談修理などの受付センターがありますので、そちらに持ち込んでみましょう。