健康寿命が大切!質の高い人生を楽しく送る!人生は一度きり!!

医療業界での知識をいかして健康と病気と美容について書いています。趣味の旅行についても少し。

爪が汚いのを治したい!ネイルケアの仕方。甘皮処理と綺麗な爪の作り方

甘皮処理と綺麗な爪の作り方を紹介しますを、

 

綺麗な爪を作るには、甘皮処理と保湿がポイントになります。

 

甘皮の役割

 甘皮の役割は、第一関節あたりにある爪を作る場所を保護しています

 

甘皮処理をした方がいいわけ

ネイルで処理するのは、爪の生成部位を保護するために発達しすぎた甘皮です。

甘皮を処理するメリット

見た目がよくなり爪や指が長く見えるようになります。

ネイルオイルの栄養が爪の生成部位まで行き渡りやすくなり、新しく出てくる爪がきれいになるので根本的な改善をしやすいです。

逆にデメリットとしては、ネイルオイルでのケアを怠ると乾燥しやすくなります。

甘皮処理後のケアはハンドクリームではなく、ネイルオイルを使ってください。

なぜかと言うと、ハンドクリームでは甘皮の奥まで浸透しにくい為です。

ネイルオイルは、甘皮の奥の爪を作るところまでしっかり浸透していきます、わ

 

水分量が多い爪は爪が柔らかめの人が多いです。

女性の爪は柔らかい人が多いのではないでしょうか。

油分と水分量のバランスが整って来ると爪が厚くなりますいです。

水分量が多い人は油分が大切です。

つまり、爪が薄い人は、特にマメにネイルオイルでしっかりケアしましょう。

冬場は爪が乾燥しやすいだけでなく、伸びにくい時期です。

寒くなると新陳代謝が落ちるので、爪に限らず髪も伸びにくくなります。

少しでも新しい爪の成長を助けて綺麗な爪を保ちましょう。

 

ジェルネイルの持ちが水分量が多い爪だと悪くなります。

水分量が多いと爪が柔らかくて動きやすいので、爪とジェルネイルの間に隙間が生まれやすいからです。

 

ネイルオイルの使用期限

ネイルオイルは開封してから3ヶ月、未開封でも1年から2年ほどが使用期限だと考えましょう。

開封したものは、筆が爪や皮膚の雑菌に触れているので容器内で菌の増殖が起こります。時間があまりにたっているものは逆に体にも悪いので、諦めて買い替えましょう。

また、ビタミンが配合されているものは熱に弱いという特徴があります。

夏場は冷蔵庫に入れて保管しても良いかもしれません。

あまり温度変化や湿気のないところで保管しましょう。

 

ネイルオイルの使用のタイミング

毎日必ずした方がよいのは寝る前

寝る前にネイルオイルをつけるメリットは2つあります。

1つ目は、成長ホルモンが1日で1番出る時間帯に栄養が爪の奥深くまで届くことです。

2つ目は、ネイルオイルの有効成分が奥まで浸透しやすいからです。

夜は手を洗う機会がほぼない人がほとんどではないでしょうか。

手を洗わない時間が長いと、それだけネイルオイルはゆっくりと奥へ浸透していけます。

 

そして、こまめにネイルオイルをつけたいのが手を洗った後です。

手を洗うと爪の油分も流れていきます。

この油分を補ってあげないと爪が油分不足で乾燥して薄くなります。

 

綺麗なツヤのある丈夫な爪を作るには、日々のケアがかかせません。