健康寿命が大切!質の高い人生を楽しく送る!人生は一度きり!!

医療業界での知識をいかして健康と病気と美容について書いています。趣味の旅行についても少し。

薬を飲んでも熱が下がらない時

薬を飲んでも熱が下がらない時

 

病院や薬局で薬をもらって飲んだのに熱が下がらないことはありませんか?

それはもらった薬の中に熱を下げるための解熱剤がないか、弱い薬をもらっている可能性があります。

 

人は熱を上げることで体内のウイルスや細菌を退治するように出来ています。そのため、風邪をひくと40度近い高熱が出て体内のウイルスや細菌と戦うのです。

 

熱があると辛いので早く熱を下げたいという人がほとんどだと思いますが、お医者さんによっては無理に熱を上げなくてもよいと考えて解熱剤を出さないことがあります。

また、他に疾患がある人はあえて解熱剤を出さないこともあります。

 

他に疾患がある場合や小さいお子さんには解熱剤を出してもあまり強いものを選ばずあえて効果の低いものにすることもあります。

 

そういったお医者さんの治療方針によって解熱剤が出ていないのです。

こういった場合は勝手にロキソニンなどを買って飲まずに病院や薬局に電話で相談してみてください。

特にインフルエンザの場合、勝手にロキソニンを飲むの副作用で大変なことになるケースもあります。

実際にある大学病院の医師がインフルエンザ中にロキソニンを用量以上飲んで亡くなったという話があります。

 

しっかり効果の強い解熱剤をもらっていて熱が下がらない場合には、他の疾患から来ている熱の可能性があるので、やはり病院に相談が大切です。

 

薬の効果はすぐには出ないので結局1日2日は様子を見ることになる可能性もあります。