健康寿命が大切!質の高い人生を楽しく送る!人生は一度きり!!

医療業界での知識をいかして健康と病気と美容について書いています。趣味の旅行についても少し。

家庭でできる簡単な食中毒予防

家庭でできる簡単な食中毒予防

 

 

食中毒予防の三原則を聞いたことはありますか。

それは、食中毒菌を「付けない、増やさない、殺す」の3点です。

 

 

食品の購入の注意点

1、生鮮食品を選ぶ際はできる限り新鮮な物をそれぞれ選択します。

冷蔵や冷凍などの温度管理の必要な食品の購入は買い物の最後にしましょう。購入したら寄り道せずに持ち帰るようにしましょう。

2、消費期限を確認してできるだけ日にちの長いものを購入しましょう。

3、購入した食品は肉汁や魚などの水分がもれて他の食品につかないようにビニール袋などに分けて包みます。

 

 

家庭での保存の注意点

1.冷蔵や冷凍の必要な食品は家に着いたらすぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れ

  ましょう。

2.冷蔵庫や冷凍庫の詰めすぎに注意しましょう。しっかり冷蔵庫の効果が期待できるように全体の7割程度の収納にとどめておきます。冷蔵庫は10度C以下、冷凍庫は、-15度C以下に維持することがめやすです。細菌の多くは、10度Cでは増殖がゆっくりとなり、-15度Cでは増殖が停止しています。

細菌が死ぬわけではありませんので、早めに使いきるようにしましょう。

しましょう。

 

調理前の準備の注意点

1.せっけんによる手洗い

2.肉や魚などの汁が、果物やサラダなど生で食べる物や調理の済んだ食品

  にかからないようにしましょう生の肉や魚を切った後、洗わずにその包丁やまな板で、果物や野菜など生で食べる食品や調理の終わった食品を切ることはやめましょう。洗ってから熱湯をかけたのち使うことが大切です包丁やまな板は、肉用、魚用、野菜用と別々にそろえて、使い分けるとより安全です。そういったまな板がロフトなどで売られています。

3.ラップしてある野菜やカット野菜もよく洗いましょう。

4.冷凍食品は室温で解凍すると、食中毒菌が増える場合があります。 解凍は冷蔵庫の中や電子レンジで行いましょう

また、水を使って解凍する場合には、気密性の容器に入れ、流水を使いま

5.料理に使う分だけ解凍し、解凍が終わったらすぐ調理しましょう

解凍した食品をやっぱり使わないからといって、冷凍や解凍を繰り返すの危険です冷凍や解凍を繰り返すと食中毒菌が増殖したりする場合もあります。

6.包丁、食器、まな板、ふきん、たわし、スポンジなどは、使った後すぐに、

と流水で良く洗いましょうふきんのよごれがひどい時には、清潔なものと交換しましょう漂白剤に1晩つけ込むと消毒効果があります包丁食器、まな板などは、洗った後、熱湯をかけたりすると消毒効果あります。たわしやスポンジは、煮沸すればなお確かです。

 

本番調理の注意点

 

1.加熱して調理する食品は十分に加熱しましょう。   加熱を十分に行うことで、もし、食中毒菌がいたとしても殺すことができます。めやすは、中心部の温度が75度Cで1分間以上加熱することです。

2.料理を途中でやめてそのまま室温に放置すると、細菌が食品に付いたり、増えたりします。途中でやめるような時は、冷蔵庫に入れましょう。再び調理をするときは、十分に加熱しましょう。

 

食事のときの注意点

 

1.温かく食べる料理は常に温かく、冷やして食べる料理は常に冷たくしておき

 ましょう。めやすは、温かい料理は65度C以上、冷やして食べる料理は10度C以下です。

  2.調理前の食品や調理後の食品は、室温に長く放置してはいけません。

例えば、O157は室温でも15~20分で2倍に増えます。

 

残ったもの取り扱い

 

1.残った食品は早く冷えるように浅い容器に小分けして保存しましょう。

2、残った食品を温め直す時も十分に加熱しましょう。めやすは75度C以上です。

  味噌汁やスープなどは沸騰するまで加熱しましょう。

3.ちょっとでも怪しいと思ったら、食べずに捨てましょう。