健康寿命が大切!質の高い人生を楽しく送る!人生は一度きり!!

医療業界での知識をいかして健康と病気と美容について書いています。趣味の旅行についても少し。

シンガポール イオンで買える現地のスイーツ

シンガポールのイオンモールで買える現地のスイーツです。

 

 

シンガポールの現地スイーツはプランカン菓子です。マレーシアがお隣の国なので文化が似ています。お隣まで中心地から中心地まで車で2時間くらいなので。

 

プランカンとは、マレーシアに移り住んだ中国系の移民のニョニャ(女性)に伝わるお菓子のことです。

このプランカン菓子のことをクエと言います。天然の素材で様々な色をつけてココナッツを主に材料としています。

 

下の写真の3種類をご紹介します。

イオンモールの中にはシンガポールの現地スイーツが他にもあり、色々なプランカン菓子ごあります。

 

カラフルなのはシンガポールのういろうです。
名前は『ラピス・サグ』というプラナカン菓子です。

虹色に層を重ねた目にもあざやかな餅菓子で、花や笹の葉などで色付けされています。もちろん色によって味が異なります。

地元では定番中の定番のスイーツです。

 

f:id:kenkoudearitai:20180220104839j:image

 

『カオ・マン・ナー・マップラー』

笹の葉で丸く巻かれた白いお餅は、もち米の中に甘く煮込んだココナッツの佃煮がたっぷり入っています。

もち米の部分をお代わりしたくなるくらい具沢山です。

 

 

 

f:id:kenkoudearitai:20180220104811j:image

上の緑色は『オンデオンデ』というシンガポールのみたらし団子です。

私の大好物で日本のみたらし団子に似ていますが、中はあまーい黒蜜です。

 

パンダンリーフという笹の葉の団子のまわりにはふわふわのココナッツの削った実がたっぷりまぶしてあります。

このパンダンリーフが独特の美味しさで黒蜜とココナッツにとても合うのです。

和洋中が合わさることがあっても和とアジアが合わさる料理は珍しいですよね。

 

これらのシンガポール現地スイーツはシンガポールのイオンモール地下一階のフードコートにお店があり、3パックで1000円ほどでした。

 

どれもボリュームがあってお腹に溜まるおやつなので、一パック一食として食べました。

シンガポールは現地スイーツのお店があるようでなかなかありません。

お皿に入っているスープスイーツやかき氷のような現地のデザートはフードコートやホーカーズなど色々なところで見られます。

一方でココナッツを使った現地スイーツのクエは あまり見かけませんでした。

地元民が住んでいるようなところではきっとお店があるのでしょう。

 

私が見たのはガイドブックでかかれたチャイナタウンのお店とイオンモールの地下だけだったので最初から自分で探すよりもあらかじめ調べておいた方がいいです。