健康寿命が大切!質の高い人生を楽しく送る!人生は一度きり!!

医療業界での知識をいかして健康と病気と美容について書いています。趣味の旅行についても少し。

シンガポールの『美茜』野菜が食べれるお店

シンガポールの『美茜』は野菜が食べれるお店です。

 

シンガポールのフードコートにほぼ間違いなく、『美茜』というセルフで野菜が食べれるお店が入っています。

 

f:id:kenkoudearitai:20180228230408j:image

 

レジの横に野菜が並んでいるのがわかります。

まるでしゃぶしゃぶ食べ放題の野菜コーナーのようですが、それよりも綺麗です。

並んでいるのは、束になった野菜とお魚のすり身が多いです。

野菜はゴーヤや菜っ葉などですが、日本では見たことのない野菜も並んでいました。

この中から自分で好きなものをとって、麺の具としてのせてもらえます。

 

f:id:kenkoudearitai:20180228230717j:image

 

f:id:kenkoudearitai:20180228230753j:image

 

上が実際の野菜とすり身コーナー の写真です。

どれもそこそこボリュームがありますので、沢山選ぶと大変なことになりそうです。

フードコートなので価格も安いですし何度か来てもいいのではないでしょうか。

 

f:id:kenkoudearitai:20180228230932j:image

 

 私が今回選んだのはこちらの3種類です。

よくわからない菜っ葉

トマト丸ごと一個

ゴーヤにすり身を詰めたもの

 

f:id:kenkoudearitai:20180228231119j:image

 

出来上がったものが上の写真です。

ココナッツベースの辛いスープの中に細い麺が入ったアジアラーメンです。

3種類の野菜とすり身といった具材だけでもちょうどよい量になりました。

麺は頼むと何も言わなくても入って来ます。

 

野菜も美味しいのですが、どれでもいいのですり身を入れると美味しいです。

日本のすり身と違って、もっとふっくらぷるるんとしていて独特な食感です。

 

シンガポールのお店は野菜がほとんどなく海産物や肉、炭水化物が多くなりがちなので、『美茜』はしっかり野菜が食べれるお店として活用できる使いやすいお店です。

 

フードコートの中にあるため、一食1000円かからずに食べることが出来ます。

何より自分で具材をアレンジすることが出来るので美味しく食べられますし楽しむことが出来ます。

何人かで頼む時は、みんなでバラバラの具材をとって出来上がった後でシェアをするのもラーメンが豪華になります。

 

どうしても具材一個あたりの量が束になってしまっていて調整できないので1人で頼むよりも何人かで行く方が色々な具材を楽しめて栄養のバランスもよりとりやすくなります。

 

『美茜』はシンガポールのマリーナベイのフードコートやショッピング街のイオンや伊勢丹の地下に入っています。

日本人がシンガポール観光で行く場所の近くにはだいたいフードコートがあって、『美茜』も入っているのでシンガポール料理がぐどくなってきたら野菜が食べに行きましょう。