健康寿命が大切!質の高い人生を楽しく送る!人生は一度きり!!

医療業界での知識をいかして健康と病気と美容について書いています。趣味の旅行についても少し。

春の肌荒れは花粉症!?

春の肌荒れは花粉症!?

 

春の肌荒れは花粉症が原因のことがあります。

冬場は乾燥で肌がガサガサになりますがそれがずっと治らない人がいます。

また、人によっては春になると肌が荒れがひどくなりガサガサになる人も多いです。

 

これは花粉症が原因の可能性があります。

特に2月3月で目のかゆみやくしゃみが出る人は春に肌荒れを起こしやすいです。花粉症の中で1番症状が強いのはスギ花粉症ですが、そのスギ花粉症がちょうどバレンタインの前後くらいから始まるのです。スギの木が真っ赤あるいは真っ茶色になって、黄色い粉が舞うので林や山のある地域の人たちは視覚的にも実感されたことがある人が多いですよね。

 

早い人は年始から症状が出る人もいます。1番始めに感じる症状は目のかゆみです。

冬場にもスギ花粉が飛んでいるためです。春に向けて実った花粉が早めに溢れて飛んでしまうことで、微量な花粉でも敏感な人には十分な量になり、ちょっと早めの花粉症にかかる人がいます

 

 

花粉症の症状は、鼻水やくしゃみ、鼻詰まり、目のかゆみだけでなく、もれなく肌荒れがあるのをご存知でしょうか。

肌荒れは化粧をする女性は気がつきやすいのですが、男性は気がつかない人もいるでしょう。

 

目のかゆみを感じ始めたら、花粉症による肌荒れを警戒するサインとなります。
この頃から徐々に肌の水分が奪われており、肌荒れが進行しています。

 

皮膚科で肌荒れを訴えて受診するとアレグラのようなアレルギー薬が出されることがあります。目のかゆみが出た時に、出来るだけ目薬だけでなく飲み薬も貰っておくと肌荒れの予防に繋がります。

 

花粉症があると炎症が起きているので乾燥しやすかったり、眠りも浅くなるので肌のターンオーバーも悪くなります。

これは男性よりもとくに女性に多い傾向があります。肌のキメが細かくて綺麗な人ほど乾燥しやすいといったことが背景にあるかもしれません。

 

 

かつ、外に出ると花粉が肌に付くので良くありません。花粉がつくと粉が肌に付いていることになるので、其れだけでパサパサで粉っぽくなります。

乾燥肌の人は想像しやすいと思いますが、おしろいをつけると乾燥する人がいますよね。花粉が肌に付くのはまさしくそのおしろいをつけた状態に近いです。

そしてそれは肌によい保湿成分のあるおしろいではなく肌荒れを起こす元凶の花粉なので肌をパサパサにします。

 

春になると日光により日焼けや気温変化による肌ストレスも重なって、花粉症があると肌の状態が悪くなる人が多いです。

化粧水をしても浸透しないのは肌の表面の状態が良くないからです。また、化粧水が沁みたりする人もいると思います。

 

春の肌荒れの解決策とは、、、

春の肌荒れは花粉症の症状がひどくなくてもアレルギーの薬を飲むことで意外と良くなります。

外から改善するよりも内側から薬で改善してしまう方が早いのです。

 

また、家に帰ったらしっかり顔を洗って保湿をしましょう。花粉症があると乾燥しやすいので保湿をすることが非常に大切です。春の肌荒れを起こす花粉症にかかわらず、肌トラブルの多くは保湿を重要とするものが多いです。

 

化粧水がしみる場合は皮膚科で刺激の弱い医療機関向けの化粧水を購入することが1番失敗が少ないです。

日中は日焼け予防と花粉がダイレクトに肌に付くことを避けるために、BBでもCCクリームでもいいので日焼け止めをして春の肌荒れを防ぎましょう。

出来るだけ花粉症のある人はパウダーファンデーションではなくリキッドファンデーションにした方がいいです。

リキッドファンデーションでガッツリ花粉が肌に直接付着することを防ぎましょう。

日焼けも乾燥のもとなので、肌荒れを悪化させます。日焼け止め効果の高いものにしておくとよいでしょう。

この時間は化粧品業界も日焼け止めな宣伝に力を入れ始める季節なので宣伝されら前に肌荒れ予防を先取りしておきましょう。

 

春の肌荒れはだいたい花粉症ですが、日頃からのスキンケアは大切です。出来るだけ低刺激で保湿力の高いものを選びましょう。

そして、花粉症のある人は根本の原因の花粉症を治療することから始めましょう。