健康寿命が大切!質の高い人生を楽しく送る!人生は一度きり!!

医療業界での知識をいかして健康と病気と美容について書いています。趣味の旅行についても少し。

海外Wi-Fi使う量 通信量もとい使用量はどのくらいの大きさを用意すればいいのか

海外Wi-Fiをレンタルする時にどのくらいの大きさの通信量を選べばいいのか調べました。

 

海外Wi-Fiは1日の使用量が決まっています。

通常(250MB/日)

大容量(500MB/日)

超大容量(1000MB/日)

上記の3つのプランで使える容量に分かれます。

Wi-Fiは念のため定額制の高額請求が起きないものを選びましょう。

 

よく1GBがオススメされていますが、その辺りも検証したいと思います。

 

データ通信量は、スマホの利用スタイルによって大きく変わるので、何を目的としてWi-Fiをレンタルするかによって容量を選びます。

一般的なメール、LINE、ネット閲覧程度利用する場合、1日の使用量は60~80MB程度と言われています。

そこにYouTubeでの動画視聴や電話がわりのSNSのやり取りが加わったとしても、ほとんどの場合、1日で100MB以内に収まるそうです。

9割の人が100MB以下の使用量と言われています。

 

つまり、多くの方は通常量250MBを選んでおけば2人で使っても十分に収まります。

250MBあれば、ウェブページ1000回閲覧、メール500通送信、LINE(テキスト)12万5千回送信できます。

決まった通信量を超えると日本でよくある通信制限がかかり通信スピードが低下します。

 

では、大容量は何のためにあるのか、

ゲームやアプリのダウンロード
YouTube(HD画質30分間)約1000MB

インスタグラムで動画アップ
ポケモンGO
仕事でビデオ通話を使用

など

 

明らかに通信量が重たそうなことをする場合は大きいものを選んで起きましょう。

 

ちなみに、googleマップはオフラインでも使用可能です。ナビゲーションをつけるには常にオンラインの必要があります。

最初の目的地だけオンラインで設定すれば現在地を確かめながらナビゲーションなしでgoogleマップを使えます。

また、「日常はWi-Fi利用」で「旅先や外出先でだけモバイル利用」をしているGoogleマップアプリ(アンドロイド用)は、一ヶ月平均で500M〜1G程度との意見もあります。